立命館大学ボート部|Ritsumeikan University Boat Club

Crew Blogクルーブログ

2022年
10月06日

引退ブログ 村上大将

ご無沙汰してます!

4回生の村上大将(ムラカミダイスケ)です。

引退してから少し時間ができ、7年間僕のボート人生を1番身近で支えてくださった両親に感謝を伝えてきました!本当に感謝しかないです。

それでは本題に入らせていただきます!拙い文章ではありますが、ご一読いただければ幸いです。


まず、私がボート部に入部したきっかけからお話しようと思います。中学生の時は陸上部に所属しており、部活動以外でもクラブに入ったりとたくさんのスポーツを経験してきました。そのため、高校生になったら触れたことないのスポーツに取り組んでみたいと考えていたところ、陸上の先輩からボート部に誘われ、見学会に行ってみました。ボート競技の練習でUT(ユーティリティゼーショントレーニング)というメニューがあるのですが、外から見ているとただただゆっくり漕いでるようにしか見えず、こんな楽なスポーツがあるんだ!と思い、入部したのがきっかけです。ホント単純ですよね(笑)

そこから3年間頑張りましたが、全国大会に出場するもなかなか成績が伴わず、苦しい日々が続きました。しかし、国体に出場させていただき、顧問を始めスタッフの多くの支えから全国入賞をすることが出来ました。今でも嬉しくて泣いしまったのを覚えています。しかし、なかなか自分の満足いく結果が残せなかったため、悔しさをバネに大学でボートをする決断をしました。

入学当初、優勝経験があるスポーツ推薦の先輩や、一生懸命追いつこうと練習している一般生の先輩を見て、感化されたのを鮮明に覚えています。自分もこんなふうになりたい、全国で活躍したいという思いでいっぱいでした。1回生から全国大会に出場させていただき、全国のレベルの高さを知ると共に、自分の未熟さを痛感しました。そこから必死に練習をし、冬場も地獄のエルゴトレーニングをしたり、乗艇練習では、厳しいことを言われながらもなにくそと必死に取り組みました。あの時は夜中にエルゴメーターを引いていたため、先輩や同期から「村上が自主練してる!」と部内で話題になったのですが、僕だって自主練はしますよって言う気持ちでした(笑)

しかし、なかなかタイムは縮まらず、先輩達の背中をただ見てるだけでした。私は、スポーツは基本なんでもできる丈夫な体に産んでくれていたため、挫折というものをしたことがありませんでした。そのため、初めての挫折になかなか立ち直ることが出来ませんでした。朝起きるのも嫌で、みんなと顔を合わせるのも嫌で、食堂に一時期、顔を出さなかったことがありました。悔しかったからです、ただ悔しくてそんな自分を見られたくなかったからです。しかし自分がいい時もダメな時もずっと傍で励ましたり、一生に練習に誘っていただいたのが、前キャプテン(21)の古江さんです。この方がいなかったら今の自分はなかったと思います。すごく周りのことが見えている方で、僕だけではなく、伸び悩んでいる人、今の現状に満足してない人に手を差し伸べ、相談に乗ったりと古江さんの偉大さには何度も助けられました。本当に感謝しかないです。

そこから、少しずつではありますが、練習に対する姿勢や、取り組み方を考え直すことができました。しかし、大学4年間でこれといった結果を残すことは出来ませんでした。たくさんの人に期待をしてもらったのに、応えれなかったことはとても悔しいです。それでも応援し続けてくれた、家族や友人、監督を始め、高校時代の顧問、そしてなによりも今次コーチほんとにありがとうございました。今次さんとは4年間であまりお話することができず、話しかけることすら苦手としていました。本当はもっとお話して、お食事にも行きたかったのですが、自分の口から言うことができませんでした。それでも掃除やリギング中など、「村上は〜ほんまにこういうところがあかんのよな〜!」と、注意ではありますが、言っていただいたこと実はめちゃくちゃ嬉しかったです。ブログという形ではありますが、本心を書いてみました。(笑)一瞬で過ぎた7年間のボート生活ですが、とてもいい経験ができ、心身ともに充実したボート生活を過ごさせていただきました!


メッセージ

恥ずかしいのでここで勘弁してください(笑)

同期へ

本当にいっぱい迷惑かけましたすみません。(笑)でも、それでも全員で笑って引退できたこと本当に嬉しいです。普段はこういう感謝を伝えるのは苦手やけど、みんなのこと心から愛してます。どんなときも支え合って、一緒に怒られたり、頑張ったり、話し合ったり、時には喧嘩したり、いろいろあったけどそれでもみんなが本音で話せたから、今があると思います。これからはそれぞれの場所で活躍することになるけど、みんなの明るさと素直さがあれば、絶対やっていけると思います!なんかあったら連絡してください!みんなで何年後かに集まれたらいいなぁって楽しみにしてます!釜坂は太り過ぎないように!(笑)

後輩へ

みんなダメダメな先輩やのに、いっぱい話しかけてくれたりしてありがとう!普段は恥ずかしくて、すぐふざけたりしてたけど、朝から元気よく挨拶してくれたり、掃除してくれたり、当たり前のことを当たり前にできるみんなは本当にかっこよかったです!これから色んな壁にぶつかると思うけど、横を見たら同期がいて、上を見たら先輩がいて、下を見たら後輩がいて、どんなときもみんなは支え合って生活してるので、その当たり前に感謝しながら頑張ってください!ほんとにみんなのこと大好きです!心から活躍を祈っています!


最後になりますが、

一緒に活動してきた選手、マネージャーの皆、そしてスタッフの方々、本当にありがとうございました。
そして応援してくださった保護者の皆様、OBOGの方々、差し入れや、挨拶に来ていただきありがとうございました!選手の大きな励みになりました!これからは、OBとして、立命館大学ボート部の活躍を心から応援しています!

543AE591-B428-47D9-B90D-20FDFB9D7E96

村上大将

HOME > クルーブログ > 全日本新人選手権大会 最終日
ページ先頭へ